PAGE TOP

無料診断実施中!!

お見積もりご相談

訪問診断 簡単Web予約

施工実績

 

足立区島根のタイル外壁塗装はファイングラシィSiで防水効果と美観回復

2019年08月08日

エリア
足立区島根
施工内容
外壁塗装工事
施工ポイント

足立区島根の外壁塗装が完了しました。

ALCの外壁にタイル貼りの住宅です。

施工前

下地がALCの場合にはALCの板間のシーリングの部分に貼ってあるタイルに亀裂が入りやすく、そこから雨漏りが発生することも多々あります。

タイルを剥がすと下にはALC外壁材の繋ぎ目のシーリングがありました。

タイルの貼替は完了しましたが、外壁のシーリングは建物の動きを逃がすためにありますので、また動いた時にタイルに亀裂が走ってしまう場合がありますので、施工したのにまた亀裂が入ってしまったというトラブルが無いよう事前にお客様にはご説明させて頂いております。

施工後

2液シリコンクリヤー塗装で防水の面でも美観も回復

足立区のタイル外壁塗装は地元足立区のセイルズにお任せください。

施工レポート

  • 架設足場工事 
  • 道路面は緩衝材で養生と店舗前の開口
  • 飛散防止メッシュシートとセイルズの宣伝用イメージシート、店舗営業中シートと防犯セキュリティーシートを貼って足場の完成です。施工させて頂いているお客様にはセイルズの施工アピールのためのイメージシートを貼らせて頂いております。
  • 外壁の高圧洗浄清掃 タイルの表面、目地の汚れを洗い流していきます。
  • タイルの薬品洗浄は酸を使用した手洗い洗浄
  • サンはかなり強力に汚れを落としてくれます。流しが不足していたポストの上に残った酸が部分的にポストの汚れを落としてしまいました。
  • ムラができてしまいました。酸の流し忘れによる施工中の失敗です。
  • 酸と研磨用具でポストを磨きピカピカに仕上げさせて頂き何とか事なきを得ましたが、強力な酸を使用する洗浄の際にはこのようなことが発生しないように注意が必要です。
  • 酸でも落ちない汚れがあります。ペンキがしっかりと付着した汚れです。
  • t幕を剥離するためのリムーバーを塗布してしばらく待ちます。
  • しばらくすると塗膜が浮いてきまので、しっかりとふきあげていきます。
  • これだけきれいになりました。せっかくタイルを塗装するのですから、できる限り良い状態で塗装をしてあげたいという職人さんの心意気です。
  • シーリングは打ち替えになりますので既存のシーリングを撤去します。
  • プライマー塗布後に変性シリコンを充填
  • 既存のグレー色から今回はアンバー食でイメージチェンジ
  • サッシ廻りも打ち替え完了
  • 水切りも打ち替え完了
  • 笠木のジョイントにもシーリング
  • クラックタイルの交換 タイルの縦クラックには決まって下地のALC板間のシーリング上であることが多いのです。
  • 撤去してみると・・・やはり。ALCのシーリングの動きにタイルが追従できずにクラックが発生してしまいます。
  • 貼替完了!!お客様にはまたクラックが発生してしまう可能性があることをきちんとご説明させて頂いております。
  • 目地の欠落箇所は目地材を入れてから塗装します。
  • 塗装後の目地はクリヤーを含んで黒くなりますので、補修跡が目立たないよう黒系の目地材を使用しております。
  • 2液シリコンクリヤー【ファイングラシィSi】を塗布していきます。
  • ファイングラシィSiの2回目
  • 艶やかでかなりきれいになっております。塗装するのとしないのではどのくらい違うのかな?
  • そこで塗装前後を比較できるように並べてみました。塗装した方がいいと思いませんか?
  • 出窓の上端
  • 雨水管とスリムダクト
  • スリムダクト
  • 設備ボックス ペンキは2液シリコン【クリーンマイルドシリコン】で塗装
  • 天井はカチオン系塗料【ケンエース】を使用
  • 排水口には改修ドレンを取り付けるため既存のドレンを解体
  • 縦用改修ドレン取付後
  • 横ドレン
  • 改修ドレンを差し込みます。
  • 横用改修ドレン取付後
  • 防水はウレタン通気緩衝工法での施工になります。通気シートを専用ボンドで貼っていきます。
  • 湿気を外部に排出するための脱気筒取付
  • シートをウレタン防水材で目止めぢマス。
  • ベランダの室外機は足に付いた石の土台を外し、配線のカバーを外して架台に乗せておきます。
  • ウレタン主剤は2回塗布します。
  • ウレタンは主剤塗布完了後
  • 仕上げの保護トップコートは遮熱トップコート。紫外線を反射させ表面温度を下げてくれます。
  • これで夏の暑さ対策も万全です。
  • ベランダの防水工事はウレタン密着工法
  • 施工完了 見違えるほどタイルが綺麗になりました。
  • 艶感も良くお客様にも大変喜んで頂けました。
  • 今回の工事ではお客様より工事についてのご質問をたくさんいただきました。せっかく大切なご自宅を改修するのです。どんな往時をしたのかな?どんな仕上がりになっているのかな?材料は何を使っているのかな?などなどドンドン聞いてくださいね。
  • 架設足場工事 
  • 道路面は緩衝材で養生と店舗前の開口
  • 飛散防止メッシュシートとセイルズの宣伝用イメージシート、店舗営業中シートと防犯セキュリティーシートを貼って足場の完成です。施工させて頂いているお客様にはセイルズの施工アピールのためのイメージシートを貼らせて頂いております。
  • 外壁の高圧洗浄清掃 タイルの表面、目地の汚れを洗い流していきます。
  • タイルの薬品洗浄は酸を使用した手洗い洗浄
  • サンはかなり強力に汚れを落としてくれます。流しが不足していたポストの上に残った酸が部分的にポストの汚れを落としてしまいました。
  • ムラができてしまいました。酸の流し忘れによる施工中の失敗です。
  • 酸と研磨用具でポストを磨きピカピカに仕上げさせて頂き何とか事なきを得ましたが、強力な酸を使用する洗浄の際にはこのようなことが発生しないように注意が必要です。
  • 酸でも落ちない汚れがあります。ペンキがしっかりと付着した汚れです。
  • t幕を剥離するためのリムーバーを塗布してしばらく待ちます。
  • しばらくすると塗膜が浮いてきまので、しっかりとふきあげていきます。
  • これだけきれいになりました。せっかくタイルを塗装するのですから、できる限り良い状態で塗装をしてあげたいという職人さんの心意気です。
  • シーリングは打ち替えになりますので既存のシーリングを撤去します。
  • プライマー塗布後に変性シリコンを充填
  • 既存のグレー色から今回はアンバー食でイメージチェンジ
  • サッシ廻りも打ち替え完了
  • 水切りも打ち替え完了
  • 笠木のジョイントにもシーリング
  • クラックタイルの交換 タイルの縦クラックには決まって下地のALC板間のシーリング上であることが多いのです。
  • 撤去してみると・・・やはり。ALCのシーリングの動きにタイルが追従できずにクラックが発生してしまいます。
  • 貼替完了!!お客様にはまたクラックが発生してしまう可能性があることをきちんとご説明させて頂いております。
  • 目地の欠落箇所は目地材を入れてから塗装します。
  • 塗装後の目地はクリヤーを含んで黒くなりますので、補修跡が目立たないよう黒系の目地材を使用しております。
  • 2液シリコンクリヤー【ファイングラシィSi】を塗布していきます。
  • ファイングラシィSiの2回目
  • 艶やかでかなりきれいになっております。塗装するのとしないのではどのくらい違うのかな?
  • そこで塗装前後を比較できるように並べてみました。塗装した方がいいと思いませんか?
  • 出窓の上端
  • 雨水管とスリムダクト
  • スリムダクト
  • 設備ボックス ペンキは2液シリコン【クリーンマイルドシリコン】で塗装
  • 天井はカチオン系塗料【ケンエース】を使用
  • 排水口には改修ドレンを取り付けるため既存のドレンを解体
  • 縦用改修ドレン取付後
  • 横ドレン
  • 改修ドレンを差し込みます。
  • 横用改修ドレン取付後
  • 防水はウレタン通気緩衝工法での施工になります。通気シートを専用ボンドで貼っていきます。
  • 湿気を外部に排出するための脱気筒取付
  • シートをウレタン防水材で目止めぢマス。
  • ベランダの室外機は足に付いた石の土台を外し、配線のカバーを外して架台に乗せておきます。
  • ウレタン主剤は2回塗布します。
  • ウレタンは主剤塗布完了後
  • 仕上げの保護トップコートは遮熱トップコート。紫外線を反射させ表面温度を下げてくれます。
  • これで夏の暑さ対策も万全です。
  • ベランダの防水工事はウレタン密着工法
  • 施工完了 見違えるほどタイルが綺麗になりました。
  • 艶感も良くお客様にも大変喜んで頂けました。
  • 今回の工事ではお客様より工事についてのご質問をたくさんいただきました。せっかく大切なご自宅を改修するのです。どんな往時をしたのかな?どんな仕上がりになっているのかな?材料は何を使っているのかな?などなどドンドン聞いてくださいね。