PAGE TOP

無料診断実施中!!

お見積もりご相談

訪問診断 簡単Web予約

屋根塗装

セイルズの仕事

屋根塗装

屋根のメンテナンスの重要性と「塗り替え目安」

屋根塗装には、防水性を向上させる大切な役割があります。常に太陽光や風にさらされています。雨漏など不具合が出る前に定期的な塗装メンテナンスをお勧めします。環境や屋根材によって異なります。放置しておくと屋根の葺き替えが必要になります。

屋根材の適切なメンテナンス時期を知って防水効果を守りましょう。また、屋根に遮熱や断熱効果のある塗料をプラスして快適な住まいづくりもできます。

スレート系

耐用年数は約20年。現在最も普及しているタイプ。コロニアル、カラーベストなどがあります。屋根材の中では最安価。塗り替え目安:10年

セメント瓦

耐用年数は約30年。セメントと砂から作った瓦で防水する為に塗装されています。和瓦より強くて軽く、安価です。塗り替え目安:10年

金属折板

耐用年数は約20年。施工性が高く耐用年数も高いです。ガルバニウム鋼板と銅板があり、ガルバニウム鋼板はデザイン性に優れた屋根によく使われています。塗り替え目安:10年

ガルバリウム鋼板

耐用年数は約30年程度。特徴は安め、軽く、割れにくいと三拍子そろっていて頻繁なメンテナンスが必要ないという点。亜鉛・メッキ・シリコンで構成されたメッキ鋼板です。塗り替え目安:10年

瓦屋根

耐用年数は約100年。屋根材の中では最高価。頻繁なメンテナンスが必要ないと言われますが、漆器部分は必要。耐震性はさほど強くありません。塗り替え目安: 年

金属瓦棒(トタン)

耐用年数は約10年。安価ですがサビに弱く、最近の建物にはあまり使用されません。塗り替え目安:5,6年

おすすめ!屋根遮熱塗装

夏は涼しい!外気温を中に伝えにくくします。

せっかく塗り替えるならEcoで快適なお住まいにしませんか?

施工前

施工後


下地清掃

汚れがひどく、飛散が気になる現場では専用カップを使用して洗浄します。

タスペーサー挿入

縁切り工法と言い、毛細管現象(漏水の原因)を防ぐ役割をします。

釘の浮き

下地の劣化により棟や板金の釘が浮いてきている場所がある場合は打ち直します。そのままにしておくと強風で飛んでしまう被害が出ることがあります。

釘打ち込み

棟やや板金の愚痴を打ち直ししっかりと固定させます。

板金ジョイント補修

板金の継ぎ手の部分に破断が。このままでは雨水が侵入してしまうので補修が必要です。

板金ジョイント補修後

シーリングを充填します。

板金錆止め

棟などの板金箇所は錆止めを塗布します。その後棟のジョイントや釘の頭にシーリングを打ち、雨水の侵入する隙間を無くしておきます。

遮熱塗料

高反射率塗料と呼ばれ赤外線を反射させることで屋根に熱を蓄積させない塗料です。塗装前には触ることもできない屋根が、塗装後は素手で触っても大丈夫なくらい効果があります。

遮熱塗装

下塗り・中塗り・上塗りの3回塗りで仕上げます。夏の暑さ対策に遮熱塗装を!!セイルズでは屋根を塗装されるお客様のほぼ100%が遮熱塗料を使用しております。

屋根の塗料と種類

塗料の種類は大きく分けて4種類(アクリル・ウレタン・シリコン・フッ素)

中でも屋根の塗り替えにおすすめの一押し塗料は遮熱・断熱効果の高い塗料。屋根材によっても適切な塗料が違います。

まずはどんな塗料があるのか見てみましょう!

 

シャネツロック

夏を涼しく過ごしたい方。

断熱コート

断熱コート施工で屋根の温度差がなんと-12.5℃!

クールタイト

非常に耐久性が高い上に、審美性が高い

 

屋根塗装の施工手順

 

01.高圧洗浄

細かい汚れを除去。外壁についた汚れ、藻、苔、古い塗料を洗い落します。

02.下地を整える

屋根材の割れや欠け、ヒビなどをチェックし、シーリング補修したり、場合によっては交換します。

03.タスペーサー取付

通気や雨水排出を目的としたすき間をつくるためにタスペーサーを挿入。※屋根材によっては行わない。

04.下塗り

屋根にはエポキシシーラーをじっくりしみこませるように塗布。屋根の劣化を防ぎ、塗料との密着度を高めます。

 

05.中塗り

塗料本来の機能を発揮、長持ちさせるには塗料メーカー基準の塗布量(厚さ)で塗ります。

06.上塗り

塗料に十分な厚みを持たせる為、最後に仕上げとして上塗りを行います。

07.施工完了!

選んだ塗料により、被膜効果でご自宅の快適さが大きく変わります。

その他の屋根塗装の施工実績