PAGE TOP

無料診断実施中!!

お見積もりご相談

訪問診断 簡単Web予約

建築工事

セイルズの仕事

工事

アスファルト工事

施工前

 

施工後

 

施工前

施工後

天井解体・復旧

施工前

 

施工後

 

室内床CF貼り

施工前

 

施工後

 

ライン塗装工事

商店、飲食店、工場、マンションアパートの駐車場など、
駐車場のラインが消えかかっていると、こんな問題が起こることも…

駐車場内事故の原因になる

駐車しにくい

店舗の駐車場が整備されていないように見える

駐車場のカラー舗装

見た目も美しいカラー舗装の駐車場。周囲の環境となじみ景観を保つ必要のある場所に最適です。

区切り線の引き直し、新設

新設の駐車場の区切り線の施工。また、長年の使用で消えてしまいそうな区切り線の引き直しを行います。

店舗駐車場(アスファルト)のライン塗装①

施工前

アスファルトの劣化があり、塗料がきちんと付着するかが心配でした。

施工後

心配されたアスファルトの劣化箇所も何とか塗装できました。

店舗駐車場(アスファルト)のライン塗装②

施工ポイント

駐車場のライン塗装とアスファルトの不良個所の補修になります。

施工ポイント

このままではラインも引けません。

施工ポイント

アスファルトの密着を良くするための乳剤と言われる塗装でいうプライマーを塗布していきます。

施工ポイント

熱々アスファルトを敷き詰めていきます。

施工ポイント

完了①

施工ポイント

完了②

施工ポイント

出口の右折専用の矢印も塗装しております。

長尺シート

長尺シート工事のメリットとは?

正式には防滑性ビニル床シートと言います。滑らず、掃除の手間がかからず、遮音効果もある床専用のシートになります。
マンションや大きな施設の歩行部分の床を、躯体への保護のために、何かしらの防水作業を行う必要が生じてきます。普段から人の出入りが多いところや、美観性を保ちたい場合には、長尺シートを床に貼る工事を行います。

よくある質問

クッションフロアや長尺シートの表面から裏面まで水は浸透しますか?

塩ビシートは「防水シート」ではございませんので水分を吸収する性質がございます。

例えばコップ1杯程度の水であれば、商品の裏面まで水が浸透する事はありません。

ただし、 水を拭かないままにしておくと、商品表面に白化現象が起こります。(水が蒸発すれば元に戻ります。)

なお、水をかけてのメンテナンス、漏水事故等、部屋一面が水浸しになった状態では、商品表面から裏面への浸透の恐れ、また商品のジョイントや端部から水が侵入して裏面にまわる可能性がありますのでご注意ください。


床材(クッションフロア、長尺シート)の抗菌機能の継続年数はどのくらいですか?

表面に抗菌剤を練りこんでいますので、表面がなくならない限り抗菌機能は持続し、半永久継続します。


フロアタイルと長尺シートではどちらがゴム汚染が発生しやすいですか?

フロアタイル・長尺シートどちらとも可塑剤(かそざい)が含まれているため同じように発生します。

クリア層の有無はゴム汚染の発生しやすさとは無関係です。

フロアタイルやクッションフロアなどの塩ビ床材に含まれるビニル樹脂を柔らかくする為の可塑剤と、ゴム製品に含まれる酸化防止剤が化学反応を起こす事で変色などのゴム汚染が発生します。

自動車のショールームなどでは、タイヤと床材の接する面に必ず保護シートなどを使用し、床材とタイヤ(ゴム部分)が直接触れないように注意が必要となります。


階段長尺シート

施工前

 

施工後

 

マンションの通路長尺シート

仕上がり後の様子

仕上がり後の様子

仕上がり後の様子

仕上がり後の様子