PAGE TOP

無料診断実施中!!

お見積もりご相談

訪問診断 簡単Web予約

新着情報

 

雨漏りしている外壁塗装の下地 ポリマーセメント防水で下塗り/足立区千住

2019.06.08

雨漏りが各所から発生している外壁塗装工事

たくさんあった爆裂や欠損

鉄筋に錆止めを塗布してモルタルを形成しました。

しかし外壁自体が水分をふくみやすくなっており、細かいヒビもたくさんあります。

そこで今回は外壁塗装前の下地としてポリマーセメント防水材を全面に塗布し、外からの雨水の侵入を防いでいきます。

外壁塗装をすれば塗膜の厚みも確保されますので、基本的に雨水の侵入は防ぐことができます。

しかし今回はかなり年数が経過した建物になりますので、防水をしてから外壁塗装をさせて頂きます。

リスクとしては防水塗膜が外壁を密閉してしまいますので、建物の含んでいる湿気が外部に出ようとするときに膨れてしまう可能性があります。

そこでそのリスクを少しでも軽減させるために、湿気に強く通気性も高い水性のポリマーセメント防水材を選択させていただきました。

モルタル補修跡も防水塗膜でしっかりとガード

外壁塗装工事の工程の中で通常の工程を進めていけば雨水の侵入もきちんと防ぐことが可能です。

しかし今回のように建物全体に雨漏り被害が拡散しており、外壁からの雨漏りが複数見られ、雨漏りとして発生していない建物への雨水の侵入も各所にあると思われます。

そのような状況の中で雨水をシャットアウトさせるため、今回の外壁塗装工事前の下地に防水材を使用させていただきました。

雨漏り状況により施工方法をご検討させていただきます。

外壁塗装、防水工事、雨漏り修繕のことはセイルズにお任せください。