PAGE TOP

無料診断実施中!!

お見積もりご相談

訪問診断 簡単Web予約

新着情報

 

外壁の爆裂ってどんな状態??/外壁の下地補修

2019.06.08

只今施工中の足立区千住のビル改修工事の現場です。

長年、外壁からの雨漏りに悩まされております。

雨漏りの原因は外壁スペースが狭すぎて、定期的にきちんとした改修工事ができなかったことが一番の原因でした。

そこで『狭いスペースでも足場の仮設が得意』な『狭い場所での外壁塗装工事ができる』私たちセイルズにご依頼が来ました。

足場の架設スペースはかなり狭かったですが、何とか架設工事が完了し、

実際に外壁を確認してみると、かなり大変なことになっておりました。

あちこちに『爆裂』が発生しております。

『爆裂』??

さて、どんな状態を爆裂というのでしょうか?

 腐食して膨張した鉄筋が表面モルタルを押し壊してしまう状態の事を言います。

下の写真はすでにモルタルが落ちてしまって鉄筋が露出しております。

錆を落として錆止め塗料を塗布してからモルタルで補修をしていきます。

このように表面モルタルが浮いている箇所が爆裂と呼ばれております。

モルタルを落としてみると、腐食した鉄筋が出てきました。

サッシ廻りは爆裂のせいで格子が落ちてしまっております。

爆裂は表面モルタルが破損してしまいますのでモルタルの落下による事故の危険性や建物に雨水が侵入して劣化を促進させてしまいますので、きちんとした対応が必要になります。

錆止め塗装後にモルタルを形成します。

下地補修工事をしっかりとすることで建物を施行した際の寿命を大幅に延ばすことができます。