PAGE TOP

無料診断実施中!!

お見積もりご相談

訪問診断 簡単Web予約

施工実績

 

湿気の多い屋上は多少の水分があっても施工が可能なポリマーセメント防水で改修

2018年12月29日

エリア
江戸川区西葛西
施工内容
屋上防水工事
施工ポイント

大規模改修工事に伴う屋上防水の施工です。

当初ウレタン防水を考えておりましたが、お客様が屋上で飼われている鳩の小屋があり、かなりの頻度で水和使用して清掃をしなければならないという状況でした。

常に屋上には湿気があり、ウレタン防水では密着の不良が発生してしまうと考え多少の水分があっても硬化するポリマーセメント防水での施工になりました。

施工前

施工後

 

施工レポート

  • かなりの植木がありますので別の場所に移動することは難しい状況でした。手摺の内側と外側を2回に分けて施工していきます。
  • 高圧洗浄時は鳩の小屋がありますので糞や毛がたくさんありましたのでしっかりと洗い流します。
  • 既存の防水層に破断が見られ、水が中に入ってしまっている状況です。
  • 不良個所は撤去しますが、中は湿気で濡れております。
  • 撤去後
  • モルタル不陸調整
  • 浮き、剥がれ状況
  • 撤去
  • モルタル不陸調整
  • モルタル不陸調整
  • 既存ドレン解体
  • 改修ドレン取付
  • 既存のドレン解体
  • 改修用ドレン取付
  • ドレン改修完了後
  • 防水材の塗布 どうしても荷物が移動しきれないので移動しながらの施工になります。
  • 防水材は2階塗布していきます。乾燥してくると色が濃くなってきます。
  • 湿気の多い鳩小屋の下も起因と防水を塗布しております。
  • 防水乾燥後
  • 仕上げの保護トップコートを塗布していきます。滑りにくい珪砂が入ったノンスリップ用のトップコートです。
  • 小屋の下にも入ってしっかり塗布しております。
  • トップコートも乾燥が早いですのでお客様へのご負担も軽減できます。
  • 防水完了
  • 施工中にも常に鳩の毛が舞っておりますので施工は大変でしたが、乾燥が早いポリマーセメント防水で施工したので何とか完了しました。
  • 鳩小屋下はすでに鳩の毛でいっぱいです。
  • 水分が多い状況の中で防水工事を施行しなければならない時には湿気があっても硬化するポリマーセメント防水材を使用することで工事が可能です。
  • かなりの植木がありますので別の場所に移動することは難しい状況でした。手摺の内側と外側を2回に分けて施工していきます。
  • 高圧洗浄時は鳩の小屋がありますので糞や毛がたくさんありましたのでしっかりと洗い流します。
  • 既存の防水層に破断が見られ、水が中に入ってしまっている状況です。
  • 不良個所は撤去しますが、中は湿気で濡れております。
  • 撤去後
  • モルタル不陸調整
  • 浮き、剥がれ状況
  • 撤去
  • モルタル不陸調整
  • モルタル不陸調整
  • 既存ドレン解体
  • 改修ドレン取付
  • 既存のドレン解体
  • 改修用ドレン取付
  • ドレン改修完了後
  • 防水材の塗布 どうしても荷物が移動しきれないので移動しながらの施工になります。
  • 防水材は2階塗布していきます。乾燥してくると色が濃くなってきます。
  • 湿気の多い鳩小屋の下も起因と防水を塗布しております。
  • 防水乾燥後
  • 仕上げの保護トップコートを塗布していきます。滑りにくい珪砂が入ったノンスリップ用のトップコートです。
  • 小屋の下にも入ってしっかり塗布しております。
  • トップコートも乾燥が早いですのでお客様へのご負担も軽減できます。
  • 防水完了
  • 施工中にも常に鳩の毛が舞っておりますので施工は大変でしたが、乾燥が早いポリマーセメント防水で施工したので何とか完了しました。
  • 鳩小屋下はすでに鳩の毛でいっぱいです。
  • 水分が多い状況の中で防水工事を施行しなければならない時には湿気があっても硬化するポリマーセメント防水材を使用することで工事が可能です。