PAGE TOP

無料診断実施中!!

お見積もりご相談

訪問診断 簡単Web予約

 

お役立ち情報

塗り替え成功の秘訣

一番のポイントは「業者選び」です。

現場経験・技術・素材や塗料の知識が未熟な業者に依頼すると失敗する確率が高まります。また仕事に向かう姿勢も含め、モラル・マナーの良さもポイントです。ですが残念ながら、質の低い業者は存在します。施工内容や数、お客様からの評価の他にも大切にしてほしい、「良い塗り替え業者」を見極めるための参考になればと思います。

過去にあった相談事例

5年ほど前に雨漏りをした際に屋上の防水工事を他社でお願いしたのですが、また雨漏りが発生。屋上を見ると目地の所に亀裂が入っています。何だか防水の厚みも薄い気がするし、どうなのでしょうか?施工した工務店に連絡しましたが、もう倒産して現在は営業していません。保証も10年ということでしたが・・・。

施工してもらった業者さんに連絡をしたら会社が無くなっていたというお話は時々伺います。

施工前の話でも『10年保証』があるから大丈夫ですとお客様に説明をし、工事を受注している 業者さんも数多くいらっしゃいます。 責任を持った工事をして10年間きっちりとメンテナンスをしてくれる優良な業者さんも沢山いますが、中には保証書を発行するだけ発行して、問題が起きた場合は何かと理由を付けてごまかす業者さんがいるのも事実です。 基本的に保証書は材料に不備があった場合、施工に不備があった場合に有効なものです。 地震などの天災、経年劣化には適用されません。 ですから施工後にいくらでもいいわけができてしまいます。 そこでどうすればトラブルを回避できるのか?

 

① 見積書の内容が明確であること。

 (〇〇一式、塗装回数が記載されていない、材料が記載されていない見積には注意が必要です)

 

② 打合せ内容がコロコロ変わる

 

③ 根拠もなしに見積金額がすぐに下がる

 

④ 職人が下請け業者、外注ばかりである(お客様にはなかなかわからないです)

良い業者さん選びにはお客様が実際にお話をした方がどういう人なのかを良く見ていただく必要があります。 工事が始まったらその会社、職人さんに任せる事しかできません。工事の前にしっかりとした見極めをすることが大切です。 明瞭な見積書とわかりやすい工事説明、もしわからないことや不安があればきちんと聞くことを実践することで良い工事をできればと思っております。

 

皆さまからのご質問です

うちは塗り替え・メンテナンスが必要なの?

見た目にわかる建物の経年劣化は危険のサインですが、見た目にはわからない劣化はプロでないと判断が難しい場合が多くあります。屋根の裏の防水シートは防水機能が無くなっているのでは?外壁の傷、ほったらかしにしていませんか?ご自宅の資産価値を落とさないように一度、建物を診断してみるのがおすすめです。特に築年数が10年の方、そろそろご自宅のメンテナンスの時期が近いかもしれません。セイルズの無料!建物診断をぜひご活用ください。

 

塗り替えの適切な季節はいつごろですか?

年中塗り替え可能です!が天候に左右されますので、雨の多い時期は、作業スケジュールが組みづらいかもしれません。

 

塗装をお願いできる業者さんって?

ハウスメーカー、訪問販売会社、ホームセンター、家電量販店、町の塗装屋さんなどがあります。それぞれ価格や質などに差があります。セイルズが「高品質なのに低価格」で施工できる3つの理由をご覧ください。

 

相場がわからないので見積額が高いかどうかわからないのですが。

いくつかの業者さんに見積もりをご依頼してみてください。ただ、価格だけで業者を比較し判断するのは危険です。金額も大事ですが、それ以上に内容も大事。どこまで提示価格内でやってくれるのか。施工の説明や手順を確認したり、納得いくまで業者さんとお話するのが一番です。また施工後に万が一の事があったら?施工後のケアも気になりますよね。よい業者の選び方をご参考にしてください。

 

お見積りしたら施工も依頼しなければならない?

お見積りだけでも大丈夫です。また相見積もりもOK。しつこい営業もいたしませんのでご安心ください。ご納得いただける内容であればお任せください。責任をもって施工を行います。お問合せからの流れをご覧ください

 

無料建物診断は調査にどれくらい時間がかかりますか?

大体1時間~2時間程度です。特に事前にご準備いただくものもございません。普段から疑問に思ったり、お困りの事がありましたら詳しく教えていただければ、その箇所を重点的に診断いたします。

 

雨漏りしている箇所がありますが、雨の日じゃないと診断できない?

晴れの日でも大丈夫です!雨漏り・漏水箇所に水を使用し、雨の日を再現し調査いたします。

 

急いでいるのですが、施工期間って大体どれくらいですか?

外壁などは天候などにも左右されるので、工事内容によっても違いますが、緊急性を要するまたはお急ぎであればご相談に応じます。屋上の防水工事や屋根の葺き替えなどは天気が良ければ通常4日~7日くらいで完了いたします。またマンションなどの集合住宅や商用施設においては夜間の工事が必要などにも臨機応変に対応させていただきます。

 

施工中、在宅は必要ですか?

ご不在でも大丈夫です。施工中は責任をもって作業し、後片付けもきっちりさせていただきます。

 

ご近所さんに迷惑にならないかしら?

工事中にご心配やご迷惑をおかけしないよう、お客様に代わり、事前にご近所の方々へ施工予告を兼ねてご挨拶いたします。また施工完了後もご挨拶させていただいております。

 

隣の建物と非常に隣接しているのですが施工可能でしょうか?

建物同士の隙間が狭く、他社に施工を断られたお客様より相談いただきましたが、現場調査の結果、隣の建物と20㎝しかスペースがなかったのですが、工事をお引き受けし、無事に施工した経験がございます。まずは現場調査にて判断させていただければと思います。

 

施工前に準備しておくことはありますか?

特に準備していただくことはありません。どうしても必要なことがありましたら、現地調査の時にお伝えします。

 

工事中の防犯対策などはありますか?

施工のために組む足場は、普段よりも容易に建物に侵入しやすい状態になりますよね。業者さんによっては足場が自社で組めず、足場は足場業者が設置するケースも多いのですが、セイルズは「自社で足場を設置」可能です。セイルズの設置する足場には、施工中の防犯対策として、足場防犯センサーを起用。施工中も安心です。

 

お支払い方法は?

基本的には工事完成後の現金ご一括(お振込み)になります。大型改修工事の場合は、着手金をいただいてからの施工になります。詳しくはお気軽にお問合せください。

 

保証期間が過ぎてからの不具合… どうすればいい?

場合によっては無料で修繕いたします。ご遠慮なくお申し付けください。
保証期間終了後は、原則有料での施工しなおしとなります。塗料は塗布後、過酷な雨風光に晒されます。それによって躯体を守るわけですが、被膜にも寿命がございますので、ご了承ください。ただし、弊社の施工が原因の場合は、この限りではありません。場合によっては無料で修繕させていただきます。詳しくは安心保証・アフターサービスをご覧ください

いったい何が違う?

5つの見極めポイント

  • 1
     

    経験や資格は?

    その業者には塗装・防水工事業などの資格がありますか?都知事許可とは、5年以上の経営業務の管理責任者の経験があり、塗装業の国家資格又は10年以上の実務経験のある会社のみに与えられる許可です。一般建設業許可の有無で、会社の規模、資金力、社会的信用が図れます。また今までの施工事例をいくつも見せてもらいましょう。施工工程や内容も積極的に質問しましょう。

  • 2

    わかりやすく説明してくれますか?

    機能性が高く長持ちする塗装を行うためには塗料と建物素材、塗料と構造、塗料と環境の相性など、それぞれに適した工法や塗料を選ぶ必要があり、知識と経験がないと判断ができず失敗につながります。 また提案内容が乏しかったり、あなたの質問や要望に答えられない場合は「余った塗料を使いきりたい」「対応できる職人がいない」など業者都合かも知れません。リスクやデメリットをちゃんと説明してくれる業者かどうかも信頼が図れるポイントになるでしょう。

  • 3
     

    見積もりについて

    きっちり一円単位でお話をしてくれる業者を選んでください。見積もりや金額に対して説明を求めた際に、納得のできない回答をする業者はもちろん、契約後の「追加料金」が多い業者には注意が必要。事前にしっかり確認しておきましょう。

  • 4
     

    実際に施工するのは誰ですか?

    多くの不満足の理由は責任の所在。工事を請け負った会社の下請け会社の施工では連携が取れていない場合、現場の状況やお客様のご要望が元請け会社に届かないことも多いのです。臨機応変で小回りの利く対応ができない事もデメリットです。地元に根ざした会社で、実績も豊富にあり、自社の職人が施工してくれるところがおすすめです。

  • 5
     

    営業担当者の態度やマナーは大丈夫?

    「塗り替え」にはご近所さまへの配慮やご理解が必要。 挨拶ができない、言葉遣いが悪いなどはもちろん、見積もりや点検の最中に、不必要に近所の私有地に入り込んだりしないかなどもチェックポイントです。業者が原因で近所トラブルが起きてしまうと、せっかく塗り替える我が家の住み心地が悪くなってしまいます。