PAGE TOP

無料診断実施中!!

お見積もりご相談

訪問診断 簡単Web予約

防水工事(屋上・ベランダ)

セイルズの仕事

防水工事専門のセイルズにお任せください

建物に最適な防水工事をご提案いたします。

雨や雪、紫外線などから建物を守り、長期的に保護することが防水工事の目的です。

屋上や床の防水工事は7年~10年が目安となります。ひび割れ、はがれ等の症状が見られる場合は、漏水や雨漏りで建物へのダメージを最小限にとどめるためにも、早急に防水工事を実施することをお勧めします。

防水工事にはさまざまな工法がありますが、セイルズは、建物の構造や漏水調査に基づき、最適な工法をご提案いたします。

サーモグラフィを使用した漏水調査

特にこんな症状には注意!

こんな症状がある場合は緊急度が高いのですぐにご連絡ください

防水層の破断

昼夜の温暖差や太陽の熱により下地コンクリートから発せられる水蒸気が防水層との間にたまってしまうことにより、防水層が劣化してしまします。

はがれ

雨や雪、温度変化によるコンクリートの微妙な変形は、防水層がはがれてしまう原因になります。防水層のはがれは、漏水の原因になります。

ドレン廻り

ドレンに植物が生えてしまっている状態は危険です。植物の根が防水層に穴を開けている可能性があります。しかも、植物を抜くと、根のあった所が空洞になり、雨漏り・漏水が悪化することがあります。

目地の浮き

コンクリートの膨張・収縮の影響を緩和し、躯体の押し出し破壊や防水層の破断を防ぐためにある目地の熱膨張を吸収する機能が低下すると、防水層故障につながる可能性が。

防水工事の工法

ウレタン密着工法

ウレタン防水工法は、防水工事の中で広く採用されている工法です。

防水層が軽量であるため建物への負担が少ないことや、継ぎ目のないシームレスな防水層を形成できること、トップコートの塗り替えで防水層を紫外線による劣化から長期に保護できることなどが、その理由です。

 

追従性、柔軟性に優れたプラストシートBは、一般屋上、ドーム屋上、ALCパネルなどさまざまな建物に適用できます。

ウレタン通気防水工法は、加硫ゴムシートに4mm厚のポリエチレンフォームを積層したプラストシートVEにより、下地の挙動を緩和しシートの破断を防止します。動きの大きい下地に適しています。

施工の流れ

1.施工前

2.高圧洗浄清掃

3.下地の浮きを撤去

4.撤去箇所をモルタル補修

5.カチオンモルタルを塗布

6.プライマー塗布

7.改修用ドレン取付前

8.取付後

9.均一にウレタン塗布(2回)

10.塗布完了

11.トップコート

12.完成

ウレタン通気緩衝工法

通気・緩衝効果を持つAVシートの上にウレタンを塗り重ねた、順密着・絶縁式の複合塗膜工法です。

通気・緩衝層が下地の水分を外に逃すので、防水層のフクレを防止するとともに下地の挙動を緩和し、クラックからの防水層の破断を防ぎます。

 

防水工事の中でも建物への負担が少ないことや、継ぎ目の無い防水層を形成することができるために、ウレタン防水はさまざまな場所に採用されている工法です。

 

ウレタン通気防水工法は、加硫ゴムシートに4mm厚のポリエチレンフォームを積層したプラストシートVEにより、下地の挙動を緩和しシートの破断を防止します。動きの大きい下地に適しています。

施工の流れ

1.施工前

2. 高圧で下地を洗浄

3.カチオン樹脂モルタル塗布

4. シーリング

5. 排水溝の改修

6. 通気マット張り付け

7. 脱気筒設置

8. 通気マット目止め処理

9. プライマー塗布

10. ウレタン主剤塗布

11. 防水層の厚みを形成

12. 保護トップコート塗布

13.完成

FRP防水

FRP(Fiber Reinforceed Plastics = 繊維強化プラスチックス)は、耐水性、耐衝撃性が優れているため、住宅や外構の他にも様々な箇所に利用されている素材です。

 

FRP防水は、ガラス繊維(補強材)と不飽和ポリエステル樹脂(熱硬化性樹脂)を複合して防水層を形成する工法で、耐酸性に優れているため酸性雨や紫外線から長期にわたる保護も期待できます。

 

耐水・耐候・耐摩擦など抜群の耐久性にすぐれ、軽量なFRP防水は、ベランダや屋上に適した工法です。

施工の流れ

1.施工前

2.下地補修

3.プライマー塗布

4.FPR防水施工中

5.FPR防水施工後

6.保護トップコート①

7.表面研磨処理

8.保護トップコート②

ポリマーセメント系防水

ポリマーセメント系塗膜防水材は、エマルション(水系)樹脂とセメント系パウダーを調合した材料からなり、有機溶剤(シンナーなど)を使わない為、特化則(特定化学物質障害予防規則)の配慮の必要もなく、有機溶剤を含まない環境に配慮した防水材です。

 

火気を使わず安全性が高い防水工法であることも特徴的で、湿った下地に施工でき、接着力も安定しています。EVA系やアクリル系エマルション等とセメントや骨材を含む既調合粉体の材料です。

施工の流れ

1.雨漏り発生

2.ブルーシートが敷かれていました。

3.ブルーシート除去

4.苔や土の清掃

立上りの清掃

劣化した打ち継ぎ目地も撤去

5.清掃準備完了

6.凹凸をカチオンモルタルで平滑に。

7.塗布完了

8.ドレン(排水溝)の改修

9.撤去した打ち継ぎ目地のシーリング

11.立上りのヒビもシーリングで補修

12.ポリマーセメント系防水材塗布

塗布完了

13.引き続き2回目

塗布完了

14.仕上げの保護トップコート

15.完成

塩ビシート防水

塩化シートをつなぎ合わせて建物の屋上などに設置し、防水する工法です。

ゴムシート防水よりも耐久性に優れており、単層防水のため工期が短く、耐摩耗性にも優れています。

 

また、環境に配慮した塩化ビニル樹脂を主原料としており、製造時~施工時に至るまで二酸化炭素の発生量が、他の防水に比べて少ないことも特徴です。密着工法と機械的固定工法の2種類の工法があります。

施工の流れ

施工前。既存は塩ビシート防水の機械固定工法でした。改修方法は塩ビシート機械固定工法になります。

断熱材の厚みの測定。ハウスメーカーの屋上で最も重要なのは断熱材の厚みで勾配を取っていることがあるということ。つまり断熱材が場所ごとに違う厚みになっていて、機械固定をするディスクや鋼板を止めるビスの長さが変わるということになります。事前に深さをチェックし、使用するビスを決定します。

ボンドを塗布後、絶縁シートを貼っていきます。今回はダイヤフォルテさんの材料を使用しております。メーカーさんの新人営業マンの方も勉強しに来ておりました。

墨出しをし、ディスクを設置する場所を割り付けてていきます。

ドリルで穴をあけビスでディスクを固定します。

ディスク固定後

端部にはシートを接着するための鋼板を取り付けます。これで下準備が完了です

シートを並べて敷いていきます。シートの重ね幅は5㎝以上必要になります。皆さんのお宅のシート防水の重ね部は5㎝以上ありますか?

まずは端部から溶着していきます。シートと鋼板を溶かす溶着材を塗り、シートと鋼板をしっかり溶着させます。

次にシートとシートを溶着させます。弊社のルーキーも頑張っております。

溶着後はチェック棒を使用し、シートの接着不良個所をチェック溶着が甘い所はライスターで加熱し溶接します。

立上りは溶着後、入隅とシートの重なり部分はライスターで溶接

シート下に取付けてあるディスクを専用加熱機で加熱し、シートと接着させます。

きちんと接着ができるとうっすらとディスクの跡が浮かんできます。

最後にシートの重なり部分をシールして工事が完了になります。

施工完了後。これで心配されておりました梅雨の時期が来ても安心です。

ゴムシート防水

ゴムのシートを接着剤で下地に固定するゴムシート防水工法は、屋上の防水に広く採用される防水工法です。

施工性に優れており、比較的低コストでの施工が可能です。シートの端末は細心の注意を払って丁寧に施工しなければなりません。

アスファルト防水

改質アスファルトシート「メルトーチ」を用いる「メルトーチ防水工法」は耐久性にすぐれています。熱を加えて防水シートを下地に密着させる工法です。

 

従来のアスファルト防水の「煙」や「におい」といった問題点を大幅に低減し、居住者及び近隣に対して安全で環境に優しい工法ですので改修工法には最適の工法です。 防水性と防水施工性の高さも特徴的な工法です。

シーリング

サッシ廻り、打ち継ぎ目地、タイル、サイディング目地などのシーリング劣化によって躯体内部の木部、鉄筋の腐食やコンクリートの爆裂、又ひび割れによる内部への漏水などを、シーリングすることにより事前に防ぐことができます。

 

「コーキング」とも呼ばれ外壁目地の間を塞ぐ伸縮性のある特殊素材。外壁に亀裂が入るのを防いだり防水防音断熱といった重要な役割を果たします。

 

一般的なシーリングの種類は、アクリル系、シリコン系、エポキシ系、ウレタン系、変性シリコン系があります。外壁材や工法、塗料との相性があり、プロでも判断が難しくシーリング材によって適切な工法も違います。

 

日光や雨風の劣化で10年ももたないのがほとんどで、定期的な打ち替えが必要になります。シーリング材の劣化は雨漏りに直結します。

 

シーリング材の特徴を熟知した職人にご依頼されるのがベストです。

施工の流れ

1.既存シーリング材撤去(その1)

1.既存シーリング材撤去(その2)

2.シーリング撤去後

3.養生・プライマー

4.シーリング充填

5.完了

セイルズは、雨漏・漏水・防水の専門家です!

雨漏り・漏水でお困りの方の為の雨漏り緊急ダイヤルや、無料点検を実施しています。

防水工事の専門家でもあるセイルズが、目に見えない水を徹底的に防いで、建物・家財道具・財産を守るお手伝いをいたします。雨漏り専門サイトはこちら