PAGE TOP

無料診断実施中!!

お見積もりご相談

訪問診断 簡単Web予約

屋根葺き替え

セイルズの仕事

人と建物を守る、屋根塗装の大切さ

ひび割れ

こけ

劣化

屋根の構造について

屋根は「屋根材」と「ルーフィングシート(防水シート)」から成ります。屋根材は1次防水。ルーフィングシートは2次防水と呼ばれます。ルーフィングシートの耐用年数は25年くらい。素材の寿命で雨漏りから屋根を守れない危険があります。

屋根材(1次防水)

ルーフィングシート(2次防水)

 

屋根の工法

塗装ができない屋根は、下地の傷み具合により、2種類の工法で施工することで建物の寿命を長持ちさせることができます。

下地(ルーフィングシート)が傷んでいなければ、現在の屋根材に新しい屋根材をかぶせるカバー工法

下地が傷んでいる、現在の屋根が和瓦であるなど、カバー工法ができない場合は屋根を撤去し、下地から新しい屋根材にする葺き替え工法で施工します。

また葺き替えにおいて屋根材が傷んでいない場合は、既存の屋根材を再利用する葺き直し(葺き戻し)工法もあります。

 

屋根の葺き替え工法

※和瓦→軽くてリーズナブルなコロニヤルに葺き替え。

葺き替え前

新しい屋根材に葺き替え

雪止め対策も

屋根カバー工法

※下地が傷んでいたり、屋根材が和瓦の場合はカバー工法はできません。

屋根材がボロボロ

新しい屋根材でカバー

屋根の葺き戻し工法

屋根材に問題がない場合、ルーフィングシートの交換後、屋根材を再利用可能です。

屋根材の廃棄処理費用が掛からない事と、新しく瓦を購入する費用が掛からないので経済的にもリーズナブル

ルーフィングが経年劣化。屋根材には問題なし

屋根材を撤去しルーフィングシートを交換

葺き戻し完了

屋根の相談事例レポート

天井から雨漏りが!というご連絡をいただきまして、かけつけると・・・

 

  • 1.雨漏り発生箇所の確認

    壁を伝い1階の床まで漏水しています。

  • 2.屋根に上がって調査!

    屋根は古い瓦ですが問題ありません。トップライト廻りを見てみると水が廻ってしまっています。

  • 3.雨漏りの原因を発見!

    雨漏り発生箇所付近の瓦をはぐと・・・防水機能を失っています。

  • 4.施工

    既存の屋根材を再利用する葺き戻し工法で施工。瓦とルーフィングシートを撤去し下地清掃します。

  • 5.ルーフィングシートの交換

    ゴムアスファルトシートに貼り替えます。

  • 6.瓦を戻す前に

    瓦を乗せる為の土台を作ります。
  • 7.葺き戻し

    瓦を元通りに葺き戻していきます。

  • 8.施工完了
    雨漏りがストップしました!

雨漏りや漏水予防の為にも、適切な時期にメンテナンスすることが大切です!

 

屋根の種類と耐用年数

代表的な屋根材です。屋根の種類によって特徴も様々。

今の屋根材の適切なメンテナンス時期を知って防水効果を守りましょう。ご希望やご予算に合わせて新しい屋根材に葺き替えも可能です。また、屋根に遮熱や断熱効果のある塗料をプラスして快適な住まいづくりでECOライフを目指しましょう

屋根の断熱塗料をみる

スレート系

耐用年数は約20年。現在最も普及しているタイプ。コロニアル、カラーベストなどがあります。屋根材の中では最安価。10年ほどで塗り替えが必要になります。

>

セメント瓦

耐用年数は約30年。セメントと砂から作った瓦で防水する為に塗装されています。和瓦より強くて軽く、安価です。15年に一度は塗り替えが必要。

金属折板

耐用年数は約20年。施工性が高く耐用年数も高いです。ガルバニウム鋼板と銅板があり、ガルバニウム鋼板はデザイン性に優れた屋根によく使われています。

ガルバリウム鋼板

耐用年数は約30年程度。特徴は安め、軽く、割れにくいと三拍子そろっていて頻繁なメンテナンスが必要ないという点。亜鉛・メッキ・シリコンで構成されたメッキ鋼板です。

和瓦

耐用年数は約100年。屋根材の中では最高価。塗装の必要がなく頻繁なメンテナンスが必要ないと言われますが、漆器部分は必要。耐震性はさほど強くありません。

金属瓦棒(トタン)

耐用年数は約10年。安価ですがサビに弱く、最近の建物にはあまり使用されません。5,6年で塗り替えが必要。