PAGE TOP

無料診断実施中!!

お見積もりご相談

訪問診断 簡単Web予約

外壁塗装

セイルズの仕事

甦る外壁で生まれ変わります

このような症状は塗り替えのサイン

ひび割れ・亀裂

外壁のひび割れは、雨水などの侵入で建物の構造自体に深刻なダメージを与える可能性が高いため、すぐに対処が必要。塗装による表面処理だけでなく、建物内部までしっかりチェックする必要が。下地補修を見る

チョーキング現象

長期間、太陽光や雨などにさらされ、材質が劣化してしまいます。手で表面をなでると、指の先に粉が付くチョーキングと呼ばれる状態は、外壁や屋根の寿命を縮めてしまうので、塗り替えが必要。

サビ、ペンキ浮き

外壁のサビやペンキ浮き(ポロポロ取れる)を放置すると、金属腐食が進み、穴が開くことも。塗り替えで腐食を止めましょう。

色あせ・汚れ

汚れがつきやすくなったと感じたら、外壁のコーティング(塗装被膜)が弱っている可能性が高いです。プロに点検を頼むことをお勧めします。

カビ・コケ

屋根の表面にカビや藻、コケが付いていると、防水性が低下し、雨漏りの原因に。建物の躯体にまでダメージを与えてしまうので、防水性をアップする塗装で手当てしましょう。

はがれ

結露などは、建物内部の壁などが剥がれる原因になります。原因を見極め、適切な対処をし、塗装で保護しましょう。下地補修を見る

外壁の塗り替え目安は、ご自宅の立地環境にもよりますが、7年~10年と言われます。

外壁塗装に使う塗料には、ただ家の美観を保つだけでなく紫外線や温度変化、雨風や湿気などから、建物をガードする機能が備わっています。

適切な時期に適切な塗装・補修をすることで、建物の寿命が延ばすことができ、住宅の資産価値も高まります。

外壁の種類によって適切な塗料も違います!

あなたの外壁はどの種類?日本でみられる代表的な外壁の種類です。それぞれの外壁材の特徴に合わせて最適な塗料を選ぶ必要があります。

サイディング

板状の外壁材を敷き詰めて貼り付けていく外壁で、現在最もメジャーです。板と板の継ぎ目はコーキング(ゴム状のシーリング)で防水処理がされているはずなので、それで見分けることができます。

モルタル

水・砂・セメントを混ぜ合わせた外壁材。1990年代までの戸建てに使われていることが多く、建物に塗って形成するタイプの外壁なので、継ぎ目がありません。細かなヒビ割れが入りやすいのも特徴。

ALC

軽量なコンクリートを使って形成したパネル状の外壁材を、貼り付けるタイプです。継ぎ目がある場合もあり。サイディングとの見分けがつきにくいかも知れませんが、木造住宅で使われていることはほとんどありません。

タイル

1つ1つのタイルを貼り付けるスタイル。今日ではタイル調のサイディングもありますが、繋ぎ目の有無で見分けられます。また、本物のタイルはサイディングよりも重厚感や質感があります。

トタン

金属製の壁材で、比較的古い建物に使われていることが多い壁材です。金属なので、痛んでくるとサビが出てくることも特徴です。

ジョリパット

外壁に塗ったときの耐久性に定評があります。外壁に使用した場合、紫外線や雨に強い「対候性」があります。

サイディングでも塗り替えは必要ですか?

サイディングは耐久性が高いですが、塗り替えは必要です。レンガなど、中にはメンテナンス不要で塗装がいらないものもありますが、ほとんどの外壁が塗り替え・塗装が必要です。
劣化を放っておくと防水性がなくなり、雨水が浸入して建物内部を傷めてしまう原因となります。

どんな塗料があるの?

塗料の種類は大きく分けて4種類(アクリル・ウレタン・シリコン・フッ素)遮熱塗料や光触媒塗料などもあります。

人気の塗料は?どんな塗料がご自宅に適しているの?ご希望やご予算に合わせてセイルズが適切な塗料や最適な工法をご提案します。

 

プレミアムシリコン
セラミシリコン
シャネツロック
断熱コート

 

塗り替え工程 

01.施工前

02.仮設足場

03.高圧洗浄清掃

04.シーリング

05.下塗り

06.中塗り

07.上塗り

08.完了

施工後も安心

保証期間中はもちろんのこと、保証期間後も年に一度の無料点検であなたのお家をしっかりサポートいたします。